Apple Pencilとスタイラスペンを比較レビュー(iPad周辺機器・アクセサリー)

愛用しているiPad mini5は「Apple Pencil(第一世代)」に対応しているため、メモにお絵描きに大活躍しています。

そんななか先日なんと「iPad Air4」を購入しました!

一緒にApple Pencilを購入しようかとも考えましたが、まずは気になるスタイラスペンを2種類ゲット。

以前からApple Pencilと他のスタイラスペンとの違いが気になっていました。

比較画像や使い心地をレビューします。検討中の方の参考になったら嬉しいです。

目次

比較する3種類のペンは?

今回比較する3種類のペンを簡単に紹介します。

Apple Pencil 第一世代

Apple Pencil (第一世代)

まずは愛用中の「Apple Pencil(第一世代)」です。

iPad mini5とセット使えば、手帳+あらゆるペンを持ち歩いているのと一緒なので本当に便利です。

遅延もなくスラスラ書けて手放せません。毎日愛用中。

さすがにもう慣れましたが、使い始めのうちはApple Pencilが少し重たいなぁと感じていました。

その点でも他のスタイラスペンの使い心地は気になるところです。

RENAISSER  Writer iPad タッチペン

まずは「RENAISSER  Writer iPad タッチペン」の内容から。

RENAISSER  Writer iPad タッチペンのパッケージ
RENAISSER  Writer iPad タッチペンと付属品
Micro USBケーブル・ペン先・説明書が付属。

RENAISSERは「ローズゴールド」もあります。

RENAISSER  Writer iPad タッチペンの商品説明画像

対応機種は以下の通り。

RENAISSER  Writer iPad タッチペンの対応機種

AT-Mizhi ipad スタイラスペン

もう1つ購入したのは「AT-Mizhi ipad スタイラスペン」です。

AT-Mizhi ipad スタイラスペンのパッケージ
AT-Mizhi ipad スタイラスペンと付属品
USB Type-Cケーブル・ペン先・シリコンキャップ・説明書が付属。

対応機種は以下の通り。

AT-Mizhi ipad スタイラスペンの対応機種

3つのペンを徹底比較

サイズと重さに違いあり

Apple Pencil」と「RENAISSER」と「AT-Mizhi」を並べてみました。

RENAISSER」はとてもコンパクトに見えますが、Apple Pencilの太さと大きな違いがないためか私のiPadケースには問題なく収納できました。

重さに関しては「RENAISSER」と「AT-Mizhi」どちらも、Apple Pencilと比べて明らかに軽い!と感じました。

Apple Pencilを使い始めた時は重さが気になっていたので、この軽さは魅力的ですね。

スタイラスペンの接続はBluetoothいらず

今回購入した「RENAISSER」と「AT-Mizhi」はBluetoothの接続は必要ありません。

ペン本体のスイッチを入れれば、すぐにiPadで使用することができます。

RENAISSERペンのスイッチ
しっかりと押すタイプのボタンです。
AT-Mizhiのスイッチ
上部に触れると、オン・オフができます。

AT-Mizhi」は少し触れるだけでオンオフが切り替わってしまうので、好みが分かれそう。

個人的には「RENAISSER」のボタンの方が使いやすくて好きです。

ペン先の形状と書き心地

ペン先の比較

上から「Apple Pencil」「RENAISSER」「AT-Mizhi」です。

Apple Pencilは既に使っているのでペン先が減っていますが、ペン先の形状は分かるかと思います。

AT-Mizhi」が一番細く見えますが、個人的には書いた文字の印象に大きな違いは感じませんでした。

遅延は少し気になる

一番気になるのは書き心地ですよね。

ここからは個人的な印象です。

アプリなど環境によって書き心地は変わると思うので、1つの参考として読んでいただけたら嬉しいです。

RENAISSER」は、ほんの少し遅延しますが個人的にはほとんど気にならない程度でした。

AT-Mizhi」は、さらにほんの少し遅れてくる感じでした。

RENAISSER」と「AT-Mizhi」の差は僅かなので気にならない人もいるかもしれません。

Apple Pencilに慣れていると、少しの遅れでも気になってしまうかも。

遅れに関しては絵をガシガシ描くなら気になりそう。

私の場合は、メモや簡単な絵なら問題なく使えそうです。

まとめ

RENAISSER」も「AT-Mizhi」もApple Pencilよりも価格が大分安いのに、予想以上に使いやすくて驚きました。

本格的にiPad Air4でペイントアプリを使いたくなる時まで、Apple Pencil(第2世代)を買わなくても問題なさそうです。

あとはどれぐらい耐久性があるかですね。

この価格と軽さでそれなりに耐久性があれば、Apple Pencilがあっても予備に持っておきたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次