【iFace First Classレビュー】くすみカラーのiPhoneケースは大人にもおすすめの可愛さ

約4年ぶりにスマホの機種変をしました

iPhone8の時は手帳型のスマホケースを使っていたのですが、iPhone13Proは本体が大きいので手帳型だとサイズが巨大になってしまう…

そこで本体を守ってくれるけど手帳型よりはコンパクトなデザインを探し購入に至ったのが、「iFace First Class」です。

角から背面までしっかり覆われているデザインなので、手帳型から移行しても安心して使えそうだなと思いました。

iFace First Classシリーズには様々な人気デザインやカラーがあり、ムーミンデザインCafeシリーズも可愛いです。

今回はシンプルだけど可愛さもある「くすみカラー(パープル)」のレビューです。

ケースの内部・外観・リアカメラ部など画像を含めてお届けいたします。

また同時に購入した「iFace専用ガラスフィルム」「iFaceリングストラップ」についても本記事で書きます。

こちらが気になる方にも参考にしていただけたらと嬉しいです。

目次

iFace First Classのパッケージ(くすみパープルを購入)

iFace First Classのくすみカラーシリーズ」だけでも素敵な色がたくさんあり迷いました。

実際に購入した『くすみパープル』は、大人でも恥ずかしくない上品な可愛さがある色でした。

普段は持ち物に女性らしいカラーをあまり選ばないのですが、くすみシリーズは絶妙な色合いなのでどのカラーを選んでも抵抗なく持てそう。

できることなら色違いもほしいぐらいです。

耐衝撃性のポイントはハイブリット&ハニカム構造

iFace First Class」はPCとTPU素材の2重構造なのがポイントだそう。

PCはポリカーボネイト樹脂プラスチックのなかでも、特に高い耐衝撃性を持っている素材だとか。

やわらかい素材のTPUの方は、熱可性ポリウレタンゴムのような弾性と柔軟性があり、耐衝撃性と耐久性に優れているそうです。

今までは手帳型ケースでガッチリスマホを守っていた自分でも安心して使えそう。

ケースの外観(液晶・背面・側面)をチェック

(液晶の反射はケース装着前にiFaceガラスフィルムを貼ったため)

ケースがiPhoneの角まで覆われているので安心感があります。

サイレントスイッチはケースよりかなり内側にあり、こちらも守られている安心感があります。

そしてこのケース、とにかくボタンが押しやすいです。

カチッと押す感覚があり、押し心地がいいです。

Lighteningコネクタ部分もケースよりかなり内側にあり、こちらも安心感があります。

カメラレンズ周辺(リアカメラ部)の高さなどチェック

ケースの方がレンズより少しだけ高さがあります。

最初にiPhone本体を見た時にレンズカバーは必須だと思いましたが、高さの面ではカバーできていますね。

しばらく使ってみてレンズ表面や斜めからの衝撃も気になるようなら、ケースに干渉しないレンズカバーを探すかもしれません。

iFaceのガラスフィルムとリングストラップも購入

iFace専用ガラスフィルムはガイド枠付きで安心

ケースと一緒にiFace専用の「ガラスフィルム」も購入しました。

iFace ガラスフィルム

失敗したくなかったので、絶対にケースに干渉しない専用のものを購入することにしました。

私はフィルムを貼るのが本当に苦手なので、貼る時に使えるガイド枠がついているのはありがたかったです。

iFaceガラスフィルムのセット内容
  • ガラスフィルム
  • 説明書
  • アルコールシート
  • クリーナークロス
  • ホコリ除去シール
  • ガイド枠

iFaceのリングストラップは指が痛くなりにくい

そしてiFaceの「リングストラップ」も購入。

iFace リングストラップ

ケース背面の文字に合わせてカラーはグレーを選びました。

実際につけてみると、カラーがピッタリ!

この組み合わせめっちゃ気に入っています。

シリコンなので指が痛くなりにくいのも嬉しいポイントです。

私は個人的な好みでリングストラップを購入しましたが、「スマホリング」もあります。

iFaceで「ケース」「ガラスフィルム」「リングストラップ」を購入したことで安心感もアップし、見た目の統一感もあり気に入っています。

どのグッズも対応機種はiPhone13シリーズだけではないので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次