【Apple Pencilを活用】iPadおすすめアプリは?(随時更新)

iPad mini5とApple Pencilを購入してから、スマホを使う時間が減りました。

iPadでしか使えないアプリや、Apple Pencilが使えると楽しいアプリもたくさんあります。

本記事では、実際に私がApple Pencilを活用しているアプリをまとめてみました。

アプリ価格は記事更新時点のものです。

目次

【お絵描き・イラスト】

「Procreate プロクリエイト」ブラシスタジオが楽しい

Procreateの解説画像
分かりやすく使いやすい

イラスト系のアプリ自体は、たくさんありますよね。

無料でも使えるアイビスペイントメディバンペイントも使ったことがありますが、「Procreate(プロクリエイト)」を買ってからは、プロクリばかり使ってしまいます。

Procreate

Procreate

Savage Interactive Pty Ltd¥1,220posted withアプリーチ

使いやすいアプリは人それぞれだと思うので、私には合っていたのだと思います。

Procreateの利用方法
  • 写真に文字を書いたり、フォントで文字入れる。
  • シンプルなイラスト(かなりゆるい)を描く。
  • ノートアプリ用の簡単な装飾を作る。

個人的には、こういった作業をする際に他のソフトよりも使いやすいと感じています。

線を書いて止めたら、真っすぐな線になる。

カラーをキャンバスにドロップしたら塗りつぶせる。

などなど…プロクリならではの機能が好きです。

最近感動したのは、ブラシスタジオというブラシをカスタマイズする機能が向上したこと。

分かりやすいのに、細かくブラシの設定ができます。

アプリ自体まだまだ使いこなせていないのに、『カスタマイズするのが楽しい』と思えるのは嬉しいことです。

「Amaziograph」模様・パターンを描く

Amaziographの解説画像
本当に適当でもパターンぽいのが作れた

Amaziograph」は、模様やパターン素材が簡単に描けるアプリです。

Amaziograph

Amaziograph

AMAZIOGRAPH OOD¥120posted withアプリーチ

グリットが設定できて、簡単にパターンが作れます。

シンプルなアプリですが、いちおうレイヤー機能があり、ペンも変更可能

色の指定は、直感的にパレット上で混ぜて作れます。

作った模様の活用方法を考えるのも楽しいです。

「ibisPaint アイビスペイント」(無料)

アイビスペイントの解説画像
簡単に写真に影がつけられる(フォトショっぽい)

私は昔購入した有料版を持っていますが、「アイビスペイント」は無料版もあります。

アイビスペイントX

アイビスペイントX

ibis inc.無料posted withアプリーチ

気になっている方は、まずは無料版からの使用がおすすめです。

無料といっても使えるペンやフォントの種類は充実しています。

アイビスペイントはGペンや丸ペンが充実しているので、マンガやイラストを描く人にはおすすめかも!

公式サイトで使い方が学べます。

「MediBang Paint メディバンペイント」(無料)

メディバンペイントの解説画像
丸ペンで描く落書きが楽しい

アイビスペイントと同様に、無料で使えてマンガやイラストを描く人に利用者が多いのが「メディバンペイント」です。

メディバンペイント

メディバンペイント

MediBang inc.無料posted withアプリーチ

メディバンペイントはチラッとしか使ったことがないのですが、実は他のアプリでも使いたいぐらい好きなものがありました…

…それは、丸ペンです!

ゆるいイラストも文字も味があるタッチになります。

画像みたいな私のひどいラクガキも、ペンがごまかしてくれます。笑

公式サイトで使い方が学べます。

【写真加工】

「Pixelmator Photo」AIを搭載した自動調整

Pixelmator Photoの解説画像
細かい調整もできるから使いこなしたい

写真加工アプリも、細かいパラメーターなどを調整する時にApple Pencilがあると便利です。

Pixelmator(ピクセルメーター)という有名なアプリがあるのですが、写真に特化したアプリとして2019年にリリースされたのが「Pixelmator Photo」です。

Pixelmator Photo

Pixelmator Photo

Pixelmator Team¥980posted withアプリーチ

RAWデータが現像できますが、レビューを読むと対応カメラは事前にチェックする必要がありそう。

そしてこのアプリはiPad第5世代以降のiPadでしか使えません。

しかも本当は、iPad Proなどで使用するのがオススメのようです。

私の場合iPad mini5でも問題なく使えていますが、一括でRAWデータをたくさん現像したりしないので使い方にもよるかも。

写真アプリは無料でも高機能なものが多いですが、「ML Enhance」というAI機能が気になり購入しました。

2,000万のプロの写真で訓練された ML (機械学習) 補正を使って、あなたの写真をプロの写真家が撮ったもののように仕上げてください。

『Pixelmator Photo』

実際にAI機能を使ってみると、ワンタッチで自動補正しただけで大きく写真の印象が変化します。

結果に満足できない時は手動で補正を加えますが、現像の基準になるので助かっています。

調整できる項目はたくさんあるので、現像に慣れている人ならラクに完成度が高い写真に仕上げられそう。

シネマ風ビンテージクラシックフィルムモダンフィルムなどのプリセットも適用できるので、楽しいですよ。

「Snapseed」(無料)

Snapseedの解説画像
明るさなどもスワイプで調整するから分かりやすい

Snapseed」もRAW現像が可能な写真加工アプリです。

Snapseed

Snapseed

Google LLC無料posted withアプリーチ

ぼかしや明るさも画面を左右にスワイプすれば調整できるのは直感的で分かりやすいです。

別の機能として、ブラシを使った明るさの部分補正も可能。

無料だけどできることが多いです!

Snapseedは細かい調整が可能なだけじゃなく、遊び心がある加工もできます。

トイカメラっぽい加工粒状フィルムの機能は楽しいです。

【ノートアプリ】

「Noteshelf」手帳もバレットジャーナルも管理

Noteshelfの解説画像
ノートの管理がラクになりました

iPadに入れている全アプリの中でも、「Noteshelf」は特に使用頻度が高いアプリです。

Noteshelf

Noteshelf

Fluid Touch Pte. Ltd.¥1,220posted withアプリーチ

ノートをいくつか作り、目的に合わせて使い分けています。

写真を使ったメモも気軽にできるので、iPadでノートを書く楽しさを実感しています。

私は手帳もメモ帳もiPad mini5にほぼ移行したので、持ち歩く荷物が減りました。

「Notability」直感的にガシガシ書きたい

Notabilityの解説画像
縦スクロールが特徴の「Notability」

Notability」は数年前、安くなっていた時に買ってほとんど使っていませんでした。

ちゃんと使うようになったのは、iPad mini5とApple Pencilを購入してからです。

Notability

Notability

Ginger Labs¥1,100posted withアプリーチ

Notabilityは縦スクロールで使えるのが特徴ですね。

Noteshelfを買ってからは出番が減りましたが、使い分けを模索中です。

「Planner」(無料)

Plannerの解説画像
↑無料で使えるスタンプや付箋を利用↑

以前はこの「Planner」という無料の手帳アプリを使っていました。

Planner for iPad

Planner for iPad

Takeya Hikage無料posted withアプリーチ

アプリ自体は無料なのに、手帳のテンプレートスタンプマスキングテープまであります。

公式ショップで販売されているノートのテンプレートやスタンプなどを追加で購入することも可能。

Plannerに入ってる手帳テンプレートがシンプルで使いやすくて好きでした。

無料で使える範囲でも最低限のアイテムは揃っているので、気軽に使ってみることができるのがいいですね。

iPad mini5とApple Pencilでデジタル手帳

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次