【使用レビュー】Apple Pencil第2世代を購入!安いスタイラスペンとの違いや感想

iPad Air4では安いスタイラスペンを使用していましたが、ついに「Apple Pencil(第2世代)」購入しました。

購入して3か月経ちましたが、思い切ってApple Pencilを買ってよかったと思っています。

使用していたスタイラスペンもそれなりに使いやすさはあったので、どんな違いがあるのかも含めて感想・レビューを書きます。

Apple Pencilの購入を検討している方の参考になったら嬉しいです。

目次

Apple Pencil第1世代と比較

iPad mini5とセットで使っているApple Pencil 第1世代。

特に不満はありませんでしたが、やっぱり第2世代は進化していました!

iPadの対応機種はそれぞれ違います。購入を検討中の方はご確認ください。

Apple Pencil 第1世代第2世代にはどんな違いがあるのか比較してみます。

見た目と基本性能の違い

Apple Pencil比較
Apple Pencil第1世代との比較
第2世代の基本性能はこちら
長さ166mm
直径8.9mm
重量20.7g
接続Bluetooth
充電iPadに磁石で装着

長さは166mmと175.7mmで、第2世代が少しだけ短くなってます。

なんと直径と重量は同じでした。

実際に持ってみるとなぜか第2世代の方が軽く感じるんですよね。

第1世代と第2世代の大きな違いは、充電・ペアリング方法です。

第2世代は磁石でペタッと本体にくっつけるだけでペアリングと充電ができます。

なぜか第1世代より軽く感じる

比較の部分でも書いた通り、第2世代のほうが第1世代より軽く感じます。

長さが短くなった分かなと思いましたが、絶対軽いでしょと言いたくなるぐらい。笑

家族に何も言わずに使ってみてもらったら、やはり絶対こっち(第2世代)の方が軽い!という印象だそう。

滑りにくい質感

Apple Pencilの質感
平らな面をiPadにペタッとくっつけられる

第1世代は表面がつるっとした質感でしたが、第2世代はマットな質感です。

手元が滑りにくくなり、アナログなペンにより近くなった印象。

軽く感じるのとマットな質感のおかげか、長時間使っていても第1世代より指が疲れにくい気がします!

ジェスチャー機能が便利

Apple Pencilのジェスチャー機能

第2世代にはジェスチャー機能があります。

ペンを持つ部分をダブルタップするとツールが切り替えられる機能です。

ペイントアプリなどの使用時にペンと消しゴムを切り替えたりできるので、絵を描く人には便利な機能だと思います。

充電とペアリングがラク(デメリットもあり)

Apple Pencilのペアリング

やっぱりiPadにペタッとくっつけるだけで充電とペアリングができるのは、本当にラクです。

第1世代の場合、気づいたら充電がなくなってて使えない…ということもあります。

第2世代だと、ちょっと使ってない合間にくっつけておくだけで充電できているので、気づいたら充電切れということがなくなりました。

ただしiPad本体がないと充電ができません。

本体がなくても充電したい人にとっては、不便だと感じるかも。

個人的にはiPadとApple Pencilはいつもセットで持ち歩いているので、特に問題はありません。

安いスタイラスペンと比較:違いはある!

Apple Pencilとスタイラスペン比較

Apple Pencil 第2世代」を購入するまで、iPad Air4では安いスタイラスペンを使用していました。

RENAISSER Writer iPad用 Stylusペン」という台湾製のスタイラスペンです。

ノートでメモをとったりするだけなら全く問題はありませんでした。

実際に使用していて感じたメリットデメリットは以下のような感じです。

〇 メリット
△ デメリット
  • 安い
  • 軽い
  • ペアリングいらず
  • 少し遅延
  • 筆圧感知がない
  • 充電は別で必要

Apple Pencil 第2世代でも重さは感じませんが、さらに軽いです。

ポチッとボタンを押せば、スイッチのON/OFFができます。

スタイラスペンのスイッチ

Apple Pencil 第2世代もペタッとするだけで使えるので、この辺りの使いやすさの差はありません。

遅延はApple Pencilと比べると、ほんの少しだけあります。

個人的にはメモなどには問題ありませんが、絵を描く時に少しだけ気になる程度の遅延です。

そもそも筆圧感知がないので、本格的な絵を描くことには向いていません。

しかしなんといっても安い!もし故障しても買い直すことができる価格なので気楽です。

Apple Pencilだと修理や再購入などを考えると、ちょっと怖くなったりします。笑

iPadで気軽に使えるスタイラスペンがほしい人は候補の1つとして考えてみてもいいかも。

Apple Pencil(第二世代)を買うべき人

しばらく使ってみて、やはりApple Pencil 第2世代を購入してよかったと実感しています。

最後に購入で変化したこと・感想をまとめると以下のような感じです。

Apple Pencil 第2世代の感想
  • くっつけるだけで充電できてラク
  • ペアリングが一瞬でできる
  • ジェスチャー機能が便利
  • 遅延がなくスラスラ書ける
  • マットな質感で使いやすい
  • 価格が高いのがネック

Apple Pencil 第2世代は断トツで使いやすいです。

ただ価格も高いのでメモ程度にしか使わないという人は、3000円前後のスタイラスペンでもいいかもしれません。Amazonを見るだけで種類も豊富に揃っています。

Apple Pencil(第2世代)」は日常的にペンを使っていきたい人や本格的に絵を描きたい人におすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次